お店

さぬきや

さぬきや(ラーメン・麺類 ⁄ 高円寺)

昭和39年創業から続く老舗さぬきうどん屋「手打ちうどん さぬきや」。伝統を守りながら、革新を続けるのは、二代目店主近藤康浩氏。遊び心溢れる四季折々の料理と、相性の良い旬の日本酒を併せ、最後にうどんで〆る。そんな楽しみ方を提案する高円寺で多くの人に親しまれる老舗である。

旬の食材のうま味を最大限活かそうというこの店ならではの逸品“えんどう豆のすり流しのうどん 濃久里夢添え”は、7月中旬頃までの期間限定メニュー。美しい緑色に輝くスープは、見た目にもインパクトが大きく、一体どのような味に仕上がっているのか美食家の好奇心をそそる。スープは、えんどう豆の持つ甘みを生かし、店主自ら出漁して厳選した煮干しをベースにした出汁と合わせ、すり流しとした。さらに、豆乳クリーム「濃久里夢」と海老ミソを合わせた調味料を食中に加えることで、まろやかさとコク、そして海老の香りのひと味違った美味しさを楽しむことができる。

""えんどう豆のすり流しのうどん 濃久里夢添え""は7月中旬頃までの期間限定メニューです。
※5月23日頃まで店舗改装中です。

【さぬきや より】近藤康浩氏

「料理とは、美味しいものを""つくる""だけではなく、いかに美味しく""保存する""かが大切です。独自の保存方法・出汁などで実現した「香ばしさ」をいかに損なわずに、ビターとマイルドという対極にあるものを融合していくか。普通の生クリームであったら素材の風味は完全に失われてしまいます。素材を活かす豆乳クリームほいっぷがあるからこその組み合わせでした。それでいて健康に良い。今後、料理の可能性を広げる素材だと思います。」

店名 さぬきや
TEL 03-3314-4488
住所 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-38-7 [地図]
ホームページ http://www.koenji-sanukiya.com
営業時間 18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 日曜日

食レポ連続ドラマ「泣きめし今日子」で紹介されました

まめまめ探検隊の食べ歩きレポート

「味の手帖」主宰・タベアルキスト マッキー牧元氏が訪問

濃久里夢(こくりーむ)が生み出す味を、食べ歩きのプロはどう評価するのかーー上質な食文化を追求する"食"の月刊誌『味の手帖』の編集顧問・主筆であり、日本唯一のタベアルキストでもあるマッキー牧元氏に、濃久里夢(こくりーむ)を使った料理や飲物を提供する、うどんの名店「さぬきや」をたずねていただきました。

マッキー牧元氏の「プレミアムなまめスポット タベアル記」

ページトップへ